ダイエット

やせホルモン

投稿日:

こんばんは!

今日は《スッキリ》という番組で特集していたダイエットに関する情報を書いていきたいと思います。

正月太り解消<奇跡のやせホルモンUP法>の特集でした。

年末年始はどうしても飲み食いが多くなり、寒いからあまり動かなくなるので1年でもっとも体重が増加する人が多いというデータがあるそうです。

でも、正月に太るのは甘えなんだそうです。
実は冬こそ1年で最も痩せやすい季節なんだそうです。
だから、年末年始に体重が増えるのは当たり前!と甘えた考えでいるのはもったいないそうですよ。

冬は外気が寒いから、身体は生命体として自然の反応で代謝を上げて暖めようとするから
基礎代謝が上がれば、効率的に脂肪燃焼できるそうです。

人によって痩せやすい、痩せにくいタイプがあります。
20190125_213410

私は全身デブだったので当てはまらないと思っていましたが、スタジオにいた近藤春菜さんが『私は全体に付いてるのですが、どのタイプになるんですか?』と、まさに私が知りたかったことを先生に聞いてくれました。

女性は洋ナシ体形が多いそうです。
そしてどんどん体重が増えるとリンゴ体形にもなり、結局リンゴと洋ナシ両方のタイプになるそうです。
だから私も両方合わさったタイプでした。

この3つのタイプの中で痩せにくいのはリンゴ体形だそうです。

理由はホルモンが関係しているそうです。

ホルモンというのは、やせホルモン(アディポネクチン)のことで、痩せにくい原因はこのホルモンが少ないからだそうです。
このアディポネクチンは1996年に日本で発見されたそうです。

やせホルモンは運動と同様の脂肪燃焼効果があり、内臓脂肪が少ない正常な状態だとアディポネクチンが分泌されて太りにくい体をキープしようとしてくれますが、暴飲暴食や運動不足で太ってしまうとアディポネクチンを出せなくなり痩せづらくなるんだそうです。

だから、内臓脂肪を減らすと痩せやすい体になるそうです。

アディポネクチンを増やすためには大豆タンパク質を摂るといいそうです。

大豆タンパク質を効率よく摂れる食材はおからパウダーとのことです。

昨年、おからパウダーダイエットが流行ってましたよね。
私も即、購入してハンバーグのパン粉の代わりに使ったり、いろいろ試したことがありましたが いつの間にか使わなくなってました💦

私は太ってた時から内臓脂肪は多くなかったんですけど、これは病院の先生も不思議がってたなぁ。
それでも太ってたんですよね。
ただ単に異常に食べ過ぎて大量の皮下脂肪がついてたってことですよね。

今はギリ標準体重まで減って来たし、相変わらず内臓脂肪は少ないからおからパウダーを試さなくてもいいかな!と思うけど、もしスーパーで見かけたら買ってみようかなとも思いました。

でも、別におからパウダーじゃなくてもいいんですよね?
毎日、大豆製品を食べてればいいのかな?
納豆、豆腐、油揚げ、大豆の水煮などはよく食べてるから それでもいいのかな?

番組では続きがあって、簡単な運動も紹介していたのですが、長くなってしまったので明日にしますね。

【今日のダイエット】

① カロリー・糖質量を計算
【リーンゲインズ食事法を行う(夕食を6時までには済ませて、朝食は16時間後の10時頃に食べる。糖質は少なめにする。)】     
      朝(431kcal)
      昼(498kcal)
      夜(331kcal)    
     合計 1260kcal
 
糖質量合計  110.2g
     

② ラジオ体操(第1、第2) 

③ リズム体操 

④ みんなの体操 

⑤ バランスボール運動

⑥ シコ踏み 10回



⑨ 腹筋10回、腿上げ15回、自転車こぎ30回


⑬ 1日の歩数(距離 2.78km 歩数 3900歩 消費カロリー 125kcal)

【今日の測定値】 
(2016年 9/10 ダイエット開始時 体重 70.8kg)


体重 54.9kg ↑ 
BM I 22.6 ↑
体脂肪 29.4% ↑ (+標準)
筋肉量 37.2kg → (標準)
骨量 2.3kg →
内臓脂肪 6.0レベル → (標準)

でした。


ポチッとしていただけるとますます頑張れます。
いつも応援ありがとうございます!
m(__)m 


ダイエット日記ランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Source: のんびりダイエット!

-ダイエット

Copyright© みんなのダイエット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.